信念ある者達を常に味方し、導き続けるカリスマの世界

カリスマ的英雄物語をいかに堪能するか

 

「トラック野郎」に「西部警察」はじめ、歴史に名立たる最高傑作達を文字通り「カリスマ的と呼ぶに相応しい、先人達による知恵袋」として、カリスマ継承漢は劇的に紹介しております。

 

そしてそのルーツは実に昭和後期のご時世にも遡り、紹介する立場としてもあくまであの頃に生まれて初めて体感した、物心がまだ本格的に付く以前における、何とも言えず激震的で斬新な経験の数々でした。

 

またこれらの最高傑作達はあくまでただ単にカッコ良き憧れ、みたいな感覚で完結されるものではありません。

 

無論エンタメ的要素も大いに含まれてはおりますがそんな感覚を遥かに超越した気付き、お手本に当たる何らかが見出せてきたからこそ、私は今も飽きることなく幾度となくこうしてあなたにも語ることが出来るのだ、という認識でおります。

 

またこの感覚は私だけでなくあなたにも共通するものであるとも信じております。

 

以上のような認識に基づき、今回はカリスマ的最高傑作をよりよく楽しむ方法を紹介していきます。

 

 

時代とともに常に変化し成長を

遂げてきた歴史的英雄物語の楽しみ方

 

 

言うまでもなく私が「トラック野郎」に出会った昭和末期においては、スマホにタブレットはおろか、パソコンすらごくごく限られた人物に所有出来ない物、といったイメージしかありませんでした。

 

そんな時期より私なりにも気が付けば映画に音楽、果てはテレビドラマという風に実にピンキリまでの最高傑作を先人達による知恵袋として、買い続けて来たのであります。

 

つきましては私が生まれて初めて「IT」なる用語及びその存在自体を知りえたのは大学生時代は90年代半ば辺りであった記憶があります。

 

 

よってこの90年代半ば~後半期においては、まだまだパソコンという存在自体がほぼ大衆に認知されてはおらず、「ワープロ」が主流のご時世でもあり、当時の私としてもあれより20年後以降の生活が全く理解すら及ばない、というものでした。

 

 

私がケータイ電話そのものを生れて初めて使用し始めたのも、ちょうどその年代ではありましたが、言うまでもなく場所を選ばずに誰かと会話出来たら便利だな、という程度の認識しかありませんでした。

 

 

 

そのため、メール機能自体もまた当時としてはかなり高度な技術であったように思えたし、写メを初めて知っただけでも、「ああ、いよいよ世の中もここまで出来るようになったか」という風な次元でした。

 

 

以来IT媒体は時代の流れに従い2000年代には一般市民にもやっとのことでパソコンが普及し始め、ケータイの機能そのものも次第に向上していきました。

 

と共にまた歴史に名の残る名作達を視聴できる方法も変化を遂げていったのでした。

 

それがとっくにノートパソコンにスマホ、そしてタブレット等のIT媒体があの頃と比べて信じられないほど劇変してしまった今や、これらの媒体より歴史的最高傑作達がより一層便利に、身近で楽しむ選択肢も可能となりました。

 

ついてはこれより、その具体的な視聴方法を提供してくれるサービスについて、ザッと紹介していきます。

 

国内最大級の作品数を誇るべく

一世一代の配信サービス

 

今回紹介するサービスがU-NEXTによるVOD(ビデオ・オン・デマンド)という動画配信サービスす。

 

このルーツについてですが実は前述の90年代の黎明期と呼ばれたご時世より既に、ブロードバンドサービスを時代を先取りするような型で提供しておりました(当時の社名は株式会社USEN)。

 

以来このサービスも時代と共に進化し続け、2000年代においては主にテレビを中心とした映像配信事業を手掛けつつ、時代の目まぐるしき変化を生き抜いてきてくれた存在です。

 

 

 

また、U-NEXTという現行の会社名に変更されたのが2009年であるという視点からも、まだスマホがなくノートパソコンが一般化する前から、いかに時代を先取りしてきたかを学び取れます

 

 

そんな時代の流れの中において、人知れぬ試行錯誤の末に、お陰で我々はこうしてU-NEXTによる特有の利便性を享受できるようになったのです。

 


 このような先駆者的な歴史を振り返った上で、主旨となるU-NEXTの提供サービスの中身を紹介していきます。

 

今やこのU―NEXTに代表される動画配信サービスはVOD(ビデオ・オン・デマンド)を呼び名として既に人々に認知されてはおりますが、その国内最大級の名は、決して伊達ではありません。

 

 

 

言うまでもなく、ジャンルとしても邦画に国内テレビドラマ、果ては国内外問わずアニメ、といった風にピンからキリまで、という型で消費者達に多種多様な選択肢が与えられております。

 

 

ここでU-NEXによる動画配信サービスを大きく分けるなら「見放題作品」と「レンタル作品」として認知されている、というイメージがあります。

 

 

まずはここに焦点を絞ってみますと、2020年5月1日時点の速報においては、動画の配信本数は前年同期比131%の20万本を突破し、内訳としては見放題18万本・レンタル作品2万本という型です。

 

見放題作品数だけでは同146%となっており、これだけでもより高き顧客満足度を実現できたものと思われております。

 

 

また本サイトにおいては、各々のテーマを紹介するたびに、その継承サービスとしてのU-NEXTなりの特色について文言を提示しては来ましたが、またここで改めて主な制度について紹介させていただきます。

 

 

料金体系としましては、いわゆる代表的なサブスクリプション(月単位の定額制)であって、最新作品はレンタル配信扱いになっております。

 

 

また、ポイントも必要に応じて付され、31日間は無料お試しで、さらにその間であれば解約も無料となっております。

 

 

気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

 

 

 

ただ、いかに一世一代の天下無双なるサービスとは言えど、一方では多かれ少なかれデメリットというのも生じるかとは思います。

 

 

 

 

それでも私としましては、この英雄物語を継承するサービスの今後の更なる成長を応援しつつ、より一層人々による高い支持の獲得につなげていきたいものでもあります👇